完全無料?!モノレート無き今、店舗せどりでのバーコードスキャンについて

Amazon関連

今日見た夢の中にとてつもなく大きな白いムカデが出てきたはりぃです。

長さは私の膝からつま先まで。

夢の中で起きた瞬間(ややこしい)に枕元にいるのを見かけて

慌てて隣の部屋へ。隣の部屋ではなぜか亡くなったお母さんがのんきに

ご飯を食べてました。

ムカデが出たことを報告。

そしたら、「ハエたたきでたたいて殺虫剤かければいいやん」ってめんどくさそう。

いやいや。そのレベルじゃないって!」と私の必死の訴えから

状況を察したのか、私と一緒にポットに入れた熱湯を持ってムカデの退治に

隣の部屋に行こうとしたところで、本当に目が覚めました。

なんか暗示してるっぽい夢だったけど…何だったんだろう…(;’∀’)

ムカデは気色悪かったけど、お母さんが出てきたのはうれしかったなぁ~


さて、そんな朝ですが、

私がちょっと前にモノレートが終了する際にじたばたしたこと

忘れないうちに記録しておこうと思います。

私は電脳せどりや店舗せどり、メーカーや卸からの仕入れや海外から輸入など

物販を幅広くやっています。

ただ、モノレートの終了は電脳せどりや店舗せどりに大きく影響しました。

まず、それまで店舗せどりは

無料のモノレートとAmacode(これも無料)を使ってすべて無料で行ってきました。

ただ、モノレートが終了してしまうと

例えばkeepa(約2000円/月)とAmacode(約6000円/月)がかかります。

めっちゃ痛いですよね・・・(;’∀’)

ということで、そのころの私はここからじたばたするわけです。

ただ、先に結論から申し上げますと

現在はkeepa(約2000円/月)とプライスター(約5000円/月)に落ち着いてます。

(プライスターはいろいろ機能あるし…)

さて、その理由を含めて少しお話させていただきます。

ちなみに、もっと詳しいの知ってるよ。

という方はコメントなどで教えてくださいね。


まず、そもそもモノレートの機能を無料で使えるツールがほかにないか。

というところからスタートします。

無料で使えるものは私は一つしか知りません。

それは、デルタトレーサーです。

なんか、ずーっと終了がうわさされてますが、今のところは大丈夫のようです。

まずは、このツールを使います。

そして、今度は店舗でスキャンする際ですが、Amacodeなどツールは楽ですよね。

そして、出てきたデータが気になる商品ならタップして、自動的にモノレートを開いてました。

でも、今後Amacodeの場合ですと、有料版に切り替えをしてkeepaに接続させる必要があります。

高いもんなぁ…

他のツール(せどりすとプロやプライスター等)も料金がかかります。

そのため、悩んだ挙句、このような組み方をしてみました。

ちなみに、Amacodeではバーコードはスキャンできても抜き出しは厳しそうなので、使わないことに。

まずはバーコードリーダーのアプリを探しました。この時に見つけ出した中で使いやすかったのがこのアプリです。

うん。シンプルな名前。「バーコードリーダー」でAppStore検索して

片っ端から使ってみて無料の中で一番使いやすかったアプリです。

開くとこんな感じ。

絶対に広告は出ますのであしからずご了承ください。

勝手にバーコードをスキャンしてくれますし、下の青いボタンをタップしてもスキャンしてくれます。

最新のスキャンした最新のバーコードは一番下に出ますので、

それをタップするとコピーまで可能です。

では…あとはお分かりでしょうか…?

そう。デルタトレーサーに貼り付けるのです。。。

マジでこのやり方以外に思いつきませんでした。

ちなみに、検索結果はこんな感じ。

下にスクロールすればグラフだって見れます。

めっちゃ見れる。ここまで出来たら上出来。

ですが、使わなくなりました。


では、使わなくなった理由ですが…それは…

疲れたから。

バーコードスキャンしてそれをコピペして検索結果出るの待ってそれをやっと見れる。

その手順に疲れたわけです。

店舗せどりは店舗にある膨大な量の商品をスキャンしていきます。

そのため、一個一個コピペしてウインドウ切り替えて貼り付けして。

という作業はとてつもなく重労働です。

もし、ポイントだけ(これ、売れるんじゃね?と思ってその商品だけスキャンする場合)

この方法でもいいかもしれません。

ですが、初心者さんの場合はほとんど中級者、上級者だって

店舗で稼ぐにはスキャンの量がものを言います。

そのため、この部分は最初からお金をかけたほうがいいのかもしれません。

私の場合、プライスターとkeepaに収まってますが(合わせて約7000円)

私は外注さんやアルバイトさんにも出品作業してもらう際

プライスターのほうが出品作業しやすかったり

AmazonのアカウントのIDやPASSなどを直接伝えなくてもよい

というセキュリティ上のメリットがあるので(ほかにもいろいろ方法はありますけどね。)

この手段をとりました。この方法が一番価格も安いですし(たぶん…)

店舗でそのまま出品できるのも良いです。

でも、店舗せどりオンリーで頑張ろうと思っている方は

プライスターよりAmacodeやせどりすとなどスキャンに優れたツールのほうが良いかもしれませんね。

今度、比較をしてみよう。

ということで、結論ですが

モノレート無き今

無料で店舗せどりのスキャンはできなくはないが疲れる。

という結論に至りました。これが私がじたばたした結果です。

ご参考までに~

コメント

タイトルとURLをコピーしました