介護と生活保護…生活保護の条件と老人ホームの関係

おまけ・経費や生活費削減

今日も~明日も~

旦那の母親の自宅の片付けを予定しているはりぃです。

多少は売れそうなものもあるのかな…

とちょっと期待していたのですが…残念ながら

ほこりとヤニだらけでほとんどがゴミとなってしまいそうです…(´;ω;`)

そんな旦那の母親にさらに認知症の疑いが…昨日浮上してきました。


認知症疑いと生活保護検討の経緯

看護婦さんの話では今回、発見された糖尿病で

毎食後インスリン注射を打たないといけないのですが、

それを返事はするものの理解してくれないらしい…(;’∀’)

物忘れをしたお婆さんのイラスト(認知症)

だから…片付けしていた時も何度も同じ商品が現れたのか。

それなら、ちょっと納得です。

でも、介護ってお金かかるんですよ(;´∀`)

私は32歳にしてすでに2度も介護経験があるのでわかるのですが、

老人ホームに預けるにしても月に最低15万円前後は出す必要があります。

旦那の給料は少ないし。

私も事業拡大中で

うちの家庭にそんな余裕はありません…!

そこでちょっと生活保護を受けていただくことを検討することになりました。


生活保護の要件とは…!

まずは知り合いのケアマネジャーさんに生活保護の要件を確認してみました。

これは私が住む長崎県長崎市の場合です。

・家賃は3万5千円以下(単身世帯なら)

・生命保険などの民間保険加入があるとNG(多分火災保険などは大丈夫だと思われる)

・車は所有は不可(住んでいる場所にもよる)

・預貯金額は12万未満

だそうです。

きっとほかにPCなどの所有物があれば話は別なのかもしれません。

ただ、今回は旦那の母親。

携帯電話もあまり使いこなせないので…(電話をかけるのも難しい・・・)

PCやその他の所有物の条件は省いてます。

詳しくは市役所の生活福祉課(長崎市では)に尋ねてみましょう。

生活保護のイラスト(男性)

ここまでの状態でやっと相談したとき受付してくれるそうです。

12万円を1円でも超えていれば相談は受け付けてくれませんし、

旦那の母親の場合、かんぽと生命保険をもう1社加入しているようなので

そこの状況確認からになりそうです。

ただ…ホームページにここまでの条件書いててくれてないんですが(;’∀’)

ちょっと…長崎市さんちょっと不親切やなぁ(;^_^A


生活保護受ける予定でも老人ホームに入居はできるの?

最悪認知症があると…

私も介護をする時間が今はありません。

旦那も仕事があるので介護はできません。

といった場合、老人ホームに入居せざるを得なくなってきます。

介護施設のイラスト

その場合は…生活保護って受けられるの?

ちょっと不安になりました。。。

ということで、調べてみると

老人ホームによって生活保護の相談ができるところと

できないところに分かれる。

一番望ましいのは特養老人ホームですが

・安いので人気。かなり待つ可能性大

・要介護3以上でないと入居できない。

といった問題があります。

そのため、生活保護の相談ができるその他の老人ホームを当たってみようと思いました。

みんなの介護さんの長崎市の老人ホーム検索ページ

「生活保護相談可」の老人ホーム…

意外とあるやん…ということは、生活保護があっても入居はできる。ということになりますね。

まずはここもケアマネジャーに相談しながらになりそうです。


まとめ

本人曰く、多少の貯金はあるそうなので、

そのあたりをうまく利用しつつ、保険も使いつつうまくまずは乗り切ろうと思っています。

ただ…貯金がめっちゃあればいいんですけどね…

おそらく、なさそうなので

生活保護の要件もうまくそろえていければと思ってます。

その前に…本当に介護が必要なのか?認知症があるのか?

そのあたりは十分に診てもらってからの判断となりそうです。

皆様もまずは生活保護の要件をしっかりチェックの上

そこにそろえるようにしてから申請してくださいね。

まぁ…まずはもらわないことが一番ですけど…


それにしても、本人にしても旦那にしても

あまり、家に戻したい(帰りたい)とかそんな希望はなさそう(゜-゜)

私のお母さんの時は私も母も家に帰りたい。帰ってきてほしい!

一緒にガンと闘っていきたい!できるだけ長生きしよう…!

とか、方針が少なくとも介護する側とされる側でしっかり意識がそろえることができたのですが、

今のところ、旦那も旦那の母親もとりあえずお金の心配しかしない(笑)

おかげでどうしたいのかわからず介護の方針が決まらない(;^_^A

まぁ、お金に関しては…私がうまく調整しますさぁ~( ̄▽ ̄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました